リバー オブ チェリー別館

岩瀬ワングー無双について語る

これから書くことは

個人的主観なので

色々と思うことが

ある方はコメントを使って書き込んでね。





はい、あけましておめでとうございます。
 しばらくは、選挙等がないので、去年の年末ぐらいから始まったこの語るシリーズを続けて行こうかなと思います。
 ネタについては、心の隅とかに思っていることが、急にお風呂に入っている時に思いついて書こうと思った時に書くことが多いので勉強不足の所もありますがお願いいたします。

 今回のテーマは、桜川市の特に岩瀬地区におけるエンタテインメント専門店の遷り変りについてですね。
 現在の岩瀬地区というか桜川市全体で言える、エンタテインメント専門店と言えば、ワンダーグー通称ワングーが無双状態でいます。

 ワングーの前身は、カスミ家電と言いエンタテイメント専門店というか家電量販店として見られて、今のワングーのメイン商品である書籍・ディスク類・ゲーム類においては、別のお店が実権を握っていました。
 その当時、実権を握っていた店は、ヤマダヤ、オオワタブック館、TO-DAY、ハローマックでして、中でもヤマダヤは書籍とゲームとおもちゃ全般を扱っていて力があったと思われます。

 区分的には、書籍&CDはオオワタ、書籍&文房具はTO-DAY、おもちゃ&ゲームはハローマック、書籍&ゲーム&おもちゃはヤマダヤで、カスミ家電はこの中ではゲームのシェアに若干介入するぐらいでした。

 その後、カスミ家電は、ホクシーとなりワングーとなっていき、書籍とCDとゲーム類を販売していくのですが、その間、他店はどうなったかというと、ハローマックは靴流通センターとともに撤退し、現在は中古書店のさくら書店。
 ヤマダヤは書籍類をやめてゲームとおもちゃで勝負してましたが、今は本部を残すのみで、店舗はビックエコーになり、これによりワングーはゲームでのシェアがトップとなりました。

 書籍争いは、ヤマダヤが書籍をやめて、ワングーとオオワタとTO-DAYで争っていましたが、TO-DAYの閉店、オオワタは文房具販売と教科書販売のみとなり、これにより書籍でもワングーがシェアトップとなりました。

 とまあ、このような感じで岩瀬のエンタテイメント専門店として覇権を握ったワングー岩瀬店ですが、最近店舗内にTUTAYAを迎え入れて少々店舗スペースが狭くなって、品ぞろえの幅が狭くなったと感じてきています。
 かといって、もはや茨城ではワングー無双地域が多くなってきてるので、別のワングーに行けば良いだけの話になりますけどね。
[PR]
by terryof | 2011-01-05 20:04 | 桜川市
<< まちBBS桜川市板に裏リーク情報!? TXを岩瀬駅まで延線計画について語る >>



リバー オブ チェリーの別館です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
無料宣伝
テリー オブ レジェンディア


伝統と豊かな自然に恵まれた田園文化都市桜川
桜川市に集まれ!

萌え萌え2次大戦(略)
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
新中核病院と県西総合病院..
from 裏広報さくらがわ
スーパーアイドル不在
from お笑い三寸劇
選挙
from お笑い三寸劇
県議会議員選挙を斬る-第3部
from マルタカ激情
茨城県議会議員選挙
from 桜の郷だより
次期市長選挙
from マルタカ激情
県議選支持予想
from マルタカ激情
桜川市の水稲被害
from 桜の郷通信
市長選挙を斬る-第3部
from マルタカ劇場
候補者と支持者
from 桜の郷通信
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧